車検 クレジット払い

車検をクレジットで払いたいけど・・・

車検クレジット払い

車検の費用って、高いですよね。

 

 

法定費用だけで、50,000円くらいかかるし、それに整備点検などの費用を合わせると10万円くらいかかってしまいます。(;O;)

 

私の場合、1,500CCクラスの車ですけど、法定費用と整備車検料とで、105,000円くらいかかりました。(^_^;)

 

まぁ、一部部品の交換なんかもあったので、仕方ないんですけどね。

 

 

けど、車検切れでは、車に乗れませんし、きちんとして整備してもらって車検に合格しておかないといけませんから。

 

 

ところで、車検にかかる費用の支払いをクレジットカードで払いたいと思う人も多いんじゃないかと思います。

 

私もそうです。

 

クレジットカードを使えば、ポイントも付きます。車検費用は10万円くらいするので、ポイント還元も大きいですからね。

 

だから、私のように車検の費用をクレジット払いにしたいという人は多いと思います。

 

けど、
車検でクレジット払いができるのかなと不安に思う人もいると思います。

 

でも、大丈夫です。

 

車検はクレジット払いができるんです。

 

 

ただし、
残念ながら法定費用については、現金払いにしている車検屋さんが多いんです。

 

 

じゃあ、法定費用については、クレジット払いができないのかというと、そんなことはありません。

 

車検屋さんの中には、法定費用を含めた車検費用全額をクレジット払いできるところがあるんです。

 

しかも、最近は、時代の流れもあって、車検費用全額がクレジット払いできる車検屋さんが増えてきているんです。

 

 

 

やっぱり、ユーザーにしてみれば、車検費用は全額クレジット払いできる方が、断然お得ですよね。

 

 

分割払いだってできますし。。。

 

 

で、車検をクレジット払いで、受けられる車検屋さんを探すのには、ネットの車検予約サイトを利用するのが、便利です。

 

 

簡単に費用の比較もできるし、自宅に近いお店を探すのも簡単ですからね。

 

 

以下に、車検をクレジット払いできる車検屋さんの情報が満載な車検予約サイトを紹介しますね。

 

お勧めの車検予約はこちら!

EPARK車検


 

全額クレジット払いができる車検屋さんなら、EPARK車検で探すのがいちばんです。公式サイトのサイドメニューから、クレジットカード可の店舗がずらりと掲載されています。しかも、全額クレジット払いができるお店ばかりなので、自宅付近の車検屋さんも見つかりやすいと思います。EPARK車検では、さらに、クーポンがあるので、かなりお得に車検が受けられます。整備の質についても、ディーラーと同程度の車検内容が受けられるので、安心して車検が受けられますよ。

 

>>EPARK車検の詳細はこちらから

 

楽天車検


 

楽天車検なら、楽天スーパーポイントが付くし、他にもさまざま特典が付くので、かなりお得です。検索メニューから、クレジットカードOKの店舗を選べば、クレジット払いができる車検屋さんが見つかります。ただし、クレジット払いの対象は、店舗によって、異なるので、必ずお店に確認しておくといいですよ。楽天車検には、オートバックス、コバック、エネオス、宇佐美、車検の速太郎などの店舗が加盟していて情報量が豊富なので、クレジットカードOKの店舗もたくさん掲載されているので、満足度の高い車検が受けられると思います。

 

>>楽天車検の詳細はこちらから

 

ホリデー車検



 

立ち会い車検と親身の対話で高い信頼度があるホリデー車検にも全額カード払いのお店がたくさん掲載されています。店舗検索画面から、クレジットの欄にチェックするだけです。ただし、念のため、クレジット払いの範囲については、店舗で確認しておくといいでしょう。ホリデー車検の加盟店は、すべて指定の民間工場なので、高い技術力があると定評があります。ります。安さと安心できる整備のもとで、納得の行く車検が受けられますよ。

 

>>ホリデー車検の詳細はこちらから

 

 

対象エリア

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

 

車検のクレジット払いは、事前に確認しておくと安心です。

車検に限らず、クレジット払いでほとんどの買い物をしていた私は、はじめての車検のときにも、当然車検費用を全額クレジット払いができるものと思っていました。

 

ところが、私が車検に出したお店では、法定費用については、現金支払いだったんです。

車検クレジット払い

 

 

はじめて聞いたときには、かなり焦りました。(^_^;)
なんせ、現金の用意をしていなかったんですから、慌てて、自宅に戻りお金を用意しました。

 

そもそも、法定費用というのは、預かり金になるんだそうです。

 

法定費用は、重量税、自賠責保険料、印紙代のことですが、この法定費用の金額は、お店が、ユーザー代わって預かり、そのままの金額を全部納めることになっています。

 

つまり、そこには手数料などもありません。

 

法定費用をクレジット払いにしてしまうと、カード会社にクレジット手数料を引かれてしまうため、お店にとっては、その分がまるまるマイナスになってしまいます。

 

なので、車検でクレジット払いOKというところでも、法定費用は現金支払いというお店が多いんです。

 

じゃあ、全額クレジット払いの車検屋さんは、クレジット手数料などを上乗せして、総額的には、高くなるんじゃないかと思う人もいると思います。

 

が、必ずしも、そうではありません。

 

全額クレジット払いの車検屋さんなどは、車検基本料の部分や広告費などでコストを抑え、その分、全額クレジット払いにして、お客様のメリットを優先することができているんです。

 

同じ車検費用を払うなら、やっぱりクレジット払いがお得ですよね〜♪